ホワイトニング効果の持続期間は?永久に白い歯になる?

ホワイトニングの原理

ホワイトニング効果の持続期間
この記事を読むとわかること
  • ホワイトニングの効果の持続期間がわかる!
  • なるべく長い間、白い歯を維持するための注意やコツがわかる!
  • 認定歯科医おすすめのメンテナンス方法や日々のケア方法がわかる!
  • ホワイトニングでは永久的に白い歯にならない理由

    せっかく歯科医院でホワイトニングをしたのに、すぐに歯の色が黄色く戻ってしまった!
    安いホワイトニングを試したら、一日しか効果が持たなかった!
    永久的に白い歯でいられるホワイトニングは無いの?

    ホワイトニングをすると、その日は白い歯を実感できて満足したのに、どうしてもその後も白い歯への要求や憧れが強くなり、このような疑問を持つ患者さまが多くいます。

    結論から申し上げると、 どんな強力なホワイトニングシステムでも、永久に白い歯を維持することは難しい です。

    どうしても、 歯は日々の食生活や加齢などに影響を受けて着色していくので、一度白くしたからと言ってずっと着色しないようにすることは不可能 なのです。

    永久に白い歯になるホワイトニングは無い

    ただし、な るべく白い歯の状態を長く維持させる方法 はあります。

    また、一言でホワイトニングといっても、その方法やシステムによって様々な効果の違いがあり、当然、効果の持続期間も違います。

    そこで、この記事では東京のホワイトニング専門歯科ホワイトマイスターの院長である私が、ホワイトニングの種類や方法による効果の持続期間の違いについて解説し、ホワイトニング後もなるべく長い間、白い歯を維持するためのコツをご紹介します!

    ホワイトニングの種類による効果の持続期間の違い

    ホワイトニングの種類を大きく分類すると、以下の3つがあります。

    ホワイトニングの3種類

    1. オフィスホワイトニング
    2. ホームホワイトニング
    3. デュアルホワイトニング

    これらを一つ一つ解説し、その持続期間についても具体的にお教えします。

    オフィスホワイトニング

    オフィスホワイトニングは「 歯科医院内で歯科医師または歯科衛生士が行うホワイトニング 」で、薬剤の濃度が高く、強力なLEDライトなど専門的な機械を使用するので一回あたりの効果が高いことが特徴です。

    ただ、このオフィスホワイトニングの中でも種類がたくさんあり、大まかに分けると

    オフィスホワイトニングの3種類

    1. 一回約数千円の安いオフィスホワイトニング:ポリリン酸、メタリン酸など
    2. 一回約1万円のオフィスホワイトニング:一般的な歯科のもの
    3. 一回3万円以上の強力なホワイトニング:マイスタープラスホワイトニングなど

    があり、一回の効果も持続時間も1では低く、3の高級なホワイトニングほど一回でも白い歯になるので、その分持続期間も長く感じることとなります。

    それでも、最大でもオフィスホワイトニングの持続期間は一般的に半年〜1年といわれています。

    また、オフィスホワイトニングも一回では色戻りしやすく、何度か重ねて受けることで戻りにくくなる傾向があります。

    ホームホワイトニング

    ホームホワイトニングは歯科医院で歯科医師に処方してもらった薬剤を、患者さまが家で自分で行うもので、医師の手から離れるので薬剤の濃度が低く、 一回あたりの効果もオフィスホワイトニングに比べると非常に低く、白さを実感するまでは長期間必要 なのが一般的です。
    また、手間と時間がかかる分、 料金はオフィスホワイトニングよりもリーズナブル です。

    そして、ホームホワイトニングもその薬剤によって効果が異なり、

    ホームホワイトニングの2種類

    1. 毎日2時間以上は付けていないと効果がない弱いタイプ:1クール続けて白さ1〜2段階アップ
    2. 一日15〜30分でも効果が出る強いタイプ:1クール続けて白さ約4〜5段階アップ

    があり、一般的な歯科医院では1.の薬剤濃度が弱いタイプしか扱っていないことが多いのです。

    そのため、 寝ている間はずっと薬剤がついたマウスピースをはめていないといけないなどの不便さ があり、「なかなか続けることができない」というお声をよく聞きます。

    その点、ホワイトニング専門歯科であるホワイトマイスターでは、2.の強力なホームホワイトニングを扱っているので、自分でも非常に手軽に継続することができます。

    1クール(毎日約10日間使用)後の持続期間は、たいだい1〜3年程度です。

    毎日じっくりと薬剤を歯の中に浸透させて効果を出していく分、その持続期間もオフィスホワイトニングより長くなるのです。

    デュアルホワイトニング

    デュアルホワイトニングとは、先の2種のホワイトニング「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」を両方とも行うシステムのことです。

    当然ながら、両方の効果やメリットが得られるので、「 オフィスホワイトニングの即効性もあり、ホームホワイトニングの高い持続効果もある」という満足度も高い ホワイトニングです。

    ただし前述の通り、「オフィスホワイトニング」も「ホームホワイトニング」もそれぞれ複数の種類のものがあるので、効果や持続期間はそれぞれの最も強力なものほど高くなります。

    ポイント

    ホワイトマイスターの場合はオフィスホワイトニングもホームホワイトニングもどちらも強力なシステムを導入しているため、デュアルホワイトニング一回で合計10段階以上も白さアップする効果があり、その持続期間も平均して2年以上が見込めます。

    一方、ホワイトニング専門ではない一般歯科医院のようなクリニックや格安ホワイトニングを提供している医院のデュアルホワイトニングの場合は、その効果も一回では合計でも4段階程度ということも多いので注意が必要です。その場合も持続期間としては同様に2年程度です。

    一回の効果も高く、効果の持続期間も長いものを希望する場合は、やはりホワイトニング専門歯科の強力なデュアルホワイトニングがおすすめです。

    ホワイトニング後なるべく長く白い歯を維持するためには

    なるべく長く白い歯でいるコツ

    それでは、ここからは一度白くした歯をなるべく長い間、 白いままの状態で維持するための注意点やコツ をご紹介します!

    日々の飲食物に気をつける

    歯はどうしても、毎日の食事からの影響が大きく、歯に色がつく原因としては濃い色の飲食物がナンバーワンです。

    毎日複数回、コーヒーや紅茶を摂取する人は特に色戻りが早くなります。

    飲食物を摂取しないようにはできないので、普段からなるべく白い色や透明の色の飲食物を選んで摂るようにすると、歯に色がついていく頻度が減り、白い歯を維持することができます。

    タバコを減らす、やめる

    濃い色の飲食物同様に、どうしてもタバコも「タール」という着色の強い成分があるので、吸うたびに歯に色がつきやすくなります。いきなりやめることが難しい場合は、その本数を減らすだけでも歯に色がつく回数が減るので、白い歯維持には効果があります。

    実は当院のオフィスホワイトニングで一回で白い歯になると嬉しくて、その美しい白さを維持したくて、結果的に禁煙が達成でき、健康にもなれたという患者さまも多くいらっしゃいます♪

    食後に歯磨きをこまめにする

    前述の「濃い色の飲食物」や「タバコ」を摂取してしまっても、すぐに歯磨きをすると、歯の表面に着色物が停滞する時間を短くでき、白い歯を保つ効果があります。

    外出先でも、これら着色性物質をとってしまった場合も、携帯用歯磨きセットを持ち歩いていれば、早い色戻りを防ぐことができます。

    ホワイトニング歯磨き粉で日頃からケアをする

    色がつかないために、飲食や喫煙直後の歯磨きを実践する際に、「 アメリカ製の強力なホワイトニング歯磨き粉 」を使用すると、さらにその白い歯持続効果や着色予防効果がアップします!

    特に、当院で購入できる【強力ホワイトニング歯磨き粉シリーズ】がおすすめです。

    中でも、オフィスホワイトニングの薬剤に含まれる唯一の脱色成分である「過酸化水素」配合の歯磨き粉「ホワイトニングアクセラレーター」の効果が高く大変人気の商品です。

    こちらは日本の市販のホワイトニング歯磨き粉には入れることができない「本来のホワイトニング成分:過酸化水素」が入っているので、歯の中に入った着色を分解し、使用するたびに再び白い歯に導いてくれます。

    海外からの正規輸入品のため人気商品で、すぐに売り切れてしまうので、購入時は事前にご確認ください。

    専門歯科でメンテナンスをする

    日々の生活の注意や、自分でのケアが大変で続かない!

    という場合も、ホワイトニング専門歯科で再び強力なオフィスホワイトニングを受けることで、また一回で白い歯にリセットすることができます。

    特に、ホワイトマイスターの一回で白い歯ホワイトニング 「マイスタープラスホワイトニング」は一回でも平均8段階以上もまた白さアップするので、ホワイトニング前までは色戻りしていない場合は、一回目の術後よりもさらに白い歯になる 可能性も高いのです。
    メンテナンスホワイトニングの効果

    一回あたりが強力でも、 最短で一週間後から二回目も受けることが出来る ので、短期間にどんどん白くして自分の限界まで白い歯に挑戦したいという場合は2回受けられる患者さまもいらっしゃいます。

     一般的なメンテナンスホワイトニングは約3〜6ヶ月を目安 におすすめしています。

    その際は、「マイスタープラスホワイトニング」では薬剤塗布3回・LED光照射3回ですが、「マイスターホワイトニング」の薬剤塗布2回・LED光照射2回のメニューの方でも充分、一回目の術後の歯の白さに戻すことができます。
    料金も リピーター様には毎回8,000円オフの割引チケットをお渡ししているので、大変お得 に白い歯を維持することができます!

    【まとめ】ホワイトニング効果をなるべく長期間持続させるには日頃の生活で注意してケアやメンテナンスを大切に!

    歯科のホワイトニングでせっかく白い歯にしても、すぐに色が戻ってきてしまっては後悔してしまうかもしれません。
    どんなに強力なホワイトニングシステムでも、永久的に白い状態にするということは難しいですが、事前にこの記事でお伝えしたような日々の生活の注意点やケアのコツを知っておけば、 なるべく白い歯の状態を長く保つことはできます。 

    一番手軽に白い歯をずっと維持するには、やはりホワイトニング専門クリニックで強力なオフィスホワイトニングを半年に一回などの頻度でメンテナンスすることがおすすめです。

    author avatar
    ホワイトニング専門歯科医 Dr.Aya
    東京のホワイトニング専門歯科「ホワイトマイスター」代表歯科医師のDr.Ayaです。日本審美歯科学会会員、日本アンチエイジング歯科学会認定医であり、同学会認定ホワイトニングエキスパート。アメリカのホワイトニング専門資格等保有。一回で白い歯になるホワイトニングで皆様を素敵な笑顔にするため日々努力しております。詳しいプロフィールはこちら
    ホワイトニング専門歯科医 Dr.Aya

    東京のホワイトニング専門歯科「ホワイトマイスター」代表歯科医師のDr.Ayaです。日本審美歯科学会会員、日本アンチエイジング歯科学会認定医であり、同学会認定ホワイトニングエキスパート。アメリカのホワイトニング専門資格等保有。一回で白い歯になるホワイトニングで皆様を素敵な笑顔にするため日々努力しております。

    詳しいプロフィールはこちら

    関連記事

    この記事を書いた人

    人気の記事

    1. ホワイトニング歯磨き粉ベスト11【専門の歯医者がオススメ】

    2. 一回で白くなるホワイトニングとは

    3. ホワイトニングで得られるメリット