ホワイトニングついて

結婚式など、大切な日のためのホワイトニングはいつ受けるのが良い?

  • 20代
  • 女性
確実に白い歯にしたいなら、なるべく一か月前がベスト!遅くても一週間前までがおすすめです。

歯の質によっては一度では思うように白くならない事もあります。もしその様な場合も、余裕を持ってその後に続けて、ホームケアでさらに白くすることが可能なので、1か月前位にお受け頂く事が一番、おススメです。
まれに、直後の数日間は、お痛みや色ムラが出ることもありますので、遅くても約一週間前までのホワイトニングをおススメします。(その際は、さらなるケアで白くする期間がありませんので、思う様な白さにはなりかねる場合があります)

効果の持続時間はどれくらい?

  • 30代
  • 女性
平均6か月~1年です。

どうしても一度白くなっても、食生活や年齢の変化により歯には徐々に色が付いてきます。生活習慣や歯質により個人差はありますが、6ヶ月~1年かけて戻ってくるといわれております。美容院に通うのと同じように、3~6ヶ月に1度のメンテナンスホワイトニングをおすすめします。
通常メニュー(キャンペーンメニュー等以外)の3回照射のホワイトニングメニューには、3か月後に無料の色調測定検査とスピードクリーニングを行っております。その際にも、メンテナンスホワイトニングについてご相談ください。

ホワイトマイスターのホワイトニングは本当に一回で白くなるの?

  • 40代
  • 男性
効果の個人差はありますが、確実に現在の歯の色より白くなります。

ホワイトニングは歯にお薬を浸透させて、歯の中の色を脱色して明るくしていきますので、お薬を吸収しやすい歯質の方と、そうでない方では白くなる程度に差が出ることがあります。しかし、どの方も確実に現在の色より明るくなっていきます。目安として、マイスタープラスホワイトニングでは平均8段階以上色が明るくなります。
ただし、ホワイトニングは薬剤を歯に塗る治療なために、どの医院・どのシステムで受けても、芸能人が行う「歯を削って被せる人工歯」の色の様な透明感のない不自然な白さにはなりませんのでご安心下さい。
実際に患者様がホワイトニングをなさる場合、どれくらい白くなるかは、検査・分析をし、詳しくご説明致します。

痛みはあるの?

  • 30代
  • 男性
まれに、知覚過敏のような一瞬の痛みを感じる方もいらっしゃいますが、その都度対応可能です。

当院のホワイトニング薬剤は痛みに配慮し、硝酸カリウム、フッ素、不定形リン酸カルシウムが配合されています。これらにより、効果は高いまま、従来より痛みが出にくくなっています。
しかし、元々知覚過敏をお持ちの方などは、まれに痛みを感じる方もいらっしゃり、その場合はさらに痛みの発現を抑える処置を致しますのでご安心ください。
また、痛みについてとても心配な方には、一回の効果は落ちてしまいますが、2回照射のマイスターホワイトニング、またはご自宅で手軽に行えるホームホワイトニングもおすすめします。

被せ物や詰め物もホワイトニングで白くなる?

  • 50代
  • 女性
ホワイトニングは天然歯のみ白くできます。人工物は表面の汚れや、天然歯との隙間の着色は取れますが、材料自体の色は変わりません。

ホワイトニングは薬剤を歯に浸透させて脱色して白くするので、天然の歯の部分のみ白くできます。
被せ物や詰め物のように人工物の部分は、どんなホワイトニングでも薬剤が入らないので材料自体は白くなりません。
しかし、歯ブラシでは取れない表面の汚れや、天然歯との境の着色は取れていくので、元々、色の差が無い場合は術後も気にならない事が多いです。

虫歯があってもホワイトニングできる?

  • 20代
  • 女性
虫歯があっても意外とホワイトニングできる場合も多いです。奥歯の虫歯や、前歯でも裏側のみの虫歯であれば、ホワイトニングできます。

お薬は前歯をメインに表側のみに塗布しますので、その部分以外の歯に虫歯があってもお痛みが出たり悪くなるようなことはありません。むしろ、白い詰め物や被せ物をする前に、できるだけ天然の歯の部分を白くしておき、それに合わせて、後で白い人工物を入れたいという患者様も多くいらっしゃいます。

矯正治療中でもホワイトニングできる?

  • 30代
  • 女性
裏側に固定されている矯正装置や、取り外せる矯正装置であれば大丈夫です。

逆に、歯の表に固定された矯正装置がある場合は、その部分はホワイトニングできません。それ以外(裏側、取り外し式)の装置であれば、ホワイトニング可能ですし問題ありません。

人気の記事

  1. ホワイトニング歯磨き粉ベスト11【専門の歯医者がオススメ】

  2. 一回で白くなるホワイトニングとは

  3. ホワイトニングで得られるメリット

新着記事