芸能人の白い歯はホワイトニング?


様々なホワイトニング

芸能人の白い歯はホワイトニング?

芸能人やアスリートの白い歯はホワイトニング?それともセラミック?

最近はテレビなどに出演する方だけでなく、老若男女問わず色々な方が歯の白さを大切にしています。
しかし、

芸能人ってみんな凄く白い歯をしているけど、ホワイトニングをするとあんなに白い歯になるの?
便器色とか言われていたり、あまりにも違和感があるほど白いのは嫌だなぁ。

と心配される方が多いです。
そこで、今回はホワイトニングで芸能人のような均一な真っ白な歯になるの?
という疑問にお答えします。

多くの人が憧れる芸能人の「かなり白い歯」はセラミック

芸能人は健康な歯をかなり削って、人工的な白い色の被せ物(セラミック)をしている場合が90%以上。
芸能人のように白い歯になりたいと考える人は多いのですが、ホワイトニングで真っ白のペンキで塗った様な白い歯になることはありません。

多くの芸能人やアスリートは白い歯の即効性のある効果について気が付いて、駆け出しの新人から健康な歯をためらいもなく削り、(歯の神経までも抜いて)白い歯にしています。

しかし、これも当たり前になると、目立ってナンボの世界ですし、今度は白い歯の度合いの競争のようになっています。

被せ物は、自由にどんな白色でも絵の具のように色が付けられるセラミックなので、その白さの要求も麻痺してエスカレートしてしまうのですね。

一般の人はくれぐれも、白い歯のために、健康な歯を削ってしまうことはしないで下さい。

一度歯を削ってしまうと、もう弱くなる一方

一度、歯を削ってしまうと、被せ物と歯の隙間から確実にどんどん「細菌」が入り、歯を弱らせてしまいます。

後に、弱った歯の部分をさらに削り、全部を再びやり直す人も少なくありません。

身体の他の部分と違って、歯は皮膚のように再び再生したり、また生えてきません。

「やり直せばいいや」と2回目、3回目同じことを繰り返すと歯はどんどんなくなり、最後はその歯を抜かざるを得ない状態になります。

行きつく先は、数本で100万円単位も必要になる「インプラント」か、もう見た目云々ではない「入れ歯」です。

安易に行うセラミックや被せ物治療は危険

人工の歯は、自分の歯のように好きに何でも食べれるわけでなく、それまでよりもしっかりと噛むことができなくなります。

食べられる物も毎日、毎食、制限されますし、よく噛めないと想像以上のデメリットが沢山生じるのです。

一生自分の歯で、安全に、自然な白い歯にするならホワイトニング

ホワイトニングはいわゆる芸能人の、違和感のあるほどの「便器のような白い歯」にはなりませんが、「健康的に、透明感のある白く輝く白い歯」を手に入れる事はできます。

東京の多くのホワイトニングチェーン店で使用されているような歯磨き粉を混ぜた効果の低いホワイトニングではさすがに難しいですが、「本物のホワイトニング」をしっかりと行えば思っていた以上の白い歯になれる方が殆どです。

安全なホワイトニングで一回で白い歯に

当院の「マイスタープラスホワイトニング」は1回で約8段階以上も白くなるホワイトニングですが、色戻りする前の約3か月後にさらにメンテナンスのホワイトニングを重ねると、より限界まで、白さが増すことが多いのです。

一度大切な歯を削ってしまうと、二度と戻すことが出来ないばかりか、そこから蝕まれていってしまうので、削る前にまずは「本物のホワイトニング」を3か月ごとに数回重ね、自分の歯の白さの限界を体験してみる事をお勧めします。

歯医者に勧められて、セラミックを検討していたけれど、ホワイトニングをしたら、思っていたより白くなり、かなり満足したので「歯を削らないで自分の歯を守ることが出来た」という方が多くいらっしゃいます。

当院スタッフはそのような喜びの声を胸に、いつもできるだけ一度でも白い歯を手に入れて頂けるように努力しております。

関連記事