【本当?】重曹でホワイトニング?【歯医者が解説】


ホワイトニング歯磨き粉

本当?重曹でホワイトニング

重曹の歯磨きでホワイトニング効果があるという噂

重曹でホワイトニングできるという噂
近年、「家庭によくある重曹で、歯のホワイトニングができる」という噂があるようです。

え!重曹で歯が白くなるなら、試したい!

という方もいらっしゃると思うので、『ホワイトニング専門歯科医師』として、今回は 専門家から見た重曹を使った歯磨きの安全性や効果について解説 します。

この記事を読むとわかること
  • 重曹の歯磨きのホワイトニング効果
  • 重曹の歯磨きの安全性
  • 専門の歯医者オススメのホワイトニング歯磨き

一般的な重曹の効果

一般的な重曹の効果
重曹は家庭でも キッチンやバスルームなどの汚れをきれいに取り除く効果があり、掃除に広く使用 されていいます。
値段も数百円などで購入でき、家庭に常備している方も多いのではないのでしょうか。
そのため、

身近な重曹はシンクの汚れもキレイにしてくれるし、歯の汚れもキレイにする効果があるのかも?!
と、考える方が今回の様な噂を広めたのかもしれません。

キッチンの油汚れやゴミの臭いを落とす

重曹の成分は「炭酸水素ナトリウム」で弱アルカリ性のため、酸性の油汚れやゴミの臭いを中和して落とす効果があります。

水に溶けにくい粒状でクレンザー効果

重曹の粒子は水に溶けにくく、クレンザーの様に表面を研磨する効果があり、キッチンや浴槽などの表面にこびりついた汚れをこすって落とす効果があります。

しかし、安易に これを、人体に使ってしまうといけません 

【危険!】重曹ホワイトニングのデメリット

危険!重曹ホワイトニングのデメリット

重曹をそのままや水に溶かすなどして、それを歯磨き粉の代わりに歯の表面につけて歯ブラシで磨くとホワイトニング効果があると思われて、この噂が広まったようです。
しかし、安易に重曹で歯を磨いてしまうと、取り返しがつかないことになる場合もあります。

研磨作用で歯が削れてしまう→むしろ色がつく

重曹の研磨作用で浴室などの汚れを落とせるのは正しいのですが、重曹は粒子が粗く、人間の歯に対してその 荒い粒子でゴシゴシと磨いて研磨作用を発揮させると、白くなるどころか、歯へのダメージの方が大きい のです。

さらに、その 歯の表面が削れてしまった状態では、それまでよりもプラーク(汚れ)やステイン(着色)がつきやすくなってしまう のです!

さらにさらに、歯の白さを求めるどころではなく、プラークがつきやすい状態になることで虫歯や歯周病の原因にもなるので、健康だったはずの歯が最悪の場合、神経を抜いたり抜歯の必要が出てくることもあります。

重曹の種類により、さらに大きな健康被害

重曹には「食用」だけでなく、大量に入っている「工業用」の物も売られています。
もし、

工業用の重曹の方が、効果が高そう!

と、安易に大量に使用してしまうと、全身の健康を脅かす危険性が高くなります。

誤って飲んでしまった場合は、念のために内科の医師に相談した方が良いでしょう。

塩分過多で健康悪化

重曹の成分は「炭化水素ナトリウム」です。
一方、食塩は「塩化ナトリウム」というのはご存知だと思いますが、どちらもナトリウム系化合物であり、重曹は同量の食塩の中のナトリウム量の7割も摂取してしまうことになります。

そのため、高血圧などの日頃から食塩摂取を制限している方は、食事ではもちろんですが、歯磨きでも重曹は使わないようにしなければなりません。
そのような方がもし使用してしまって塩分過多になると、生命の危険になることもあります。

研磨作用は普通の歯磨き粉にもあるけれど

歯磨き粉の研磨作用

でも、研磨剤って普通の市販の歯磨き粉にもよく入っていると聞くよ。
重曹の研磨効果だけが悪いの?
それでは、一般的な歯磨き粉に入っている研磨剤についてもご説明しますね。

歯磨き粉の研磨剤の種類

ワンポイント
研磨剤は昔から歯磨き粉に入っていましたが、最近では重曹やクレンザーなどの研磨効果とは異なり、歯の表面を傷つけずに歯の表面の汚れを落とす効果を謳っています。
 「研磨剤」というと「歯の表面を削る」というイメージがあるため、最近では「清掃剤」と表記する ことも多いです。
歯磨き粉の研磨剤の種類
  • リン酸水素カルシウム
  • 水酸化アルミニウム
  • 炭酸カルシウム
  • 無水ケイ酸(シリカ)

歯磨き粉の成分の記載欄に、上記のような成分が入っていたら、これは「研磨剤」としての効果を目的としています。

研磨剤は粒子の大きさが重要

これら、歯磨き粉に入っている研磨剤の粒子の大きさは「 直径20マイクロメートル以下 」です。
この微粒子が歯の表面を削らずにステインをきれいにします。
それに比べると、 重曹の粒子は荒すぎて、水に溶けにくい性質のため、粗く大きな粒子のまま、歯の表面を傷つけていってしまう のです。

これで、重曹の研磨作用と歯磨き粉の研磨作用は違い、危険なことがわかりますね!
歯の表面のステインを除去するための研磨作用には、粒子の大きさが重要なのです。

【歯医者イチオシ】本当に白くなるホワイトニング歯磨き粉

歯医者がおすすめのホワイトニング歯磨き粉

じゃあやっぱり、歯を白くしたいなら、よく売っている「ホワイトニング歯磨き粉」を使うしかないのね・・・
注意市販の「ホワイトニング歯磨き粉」は、 どれも白い歯になるホワイトニング効果はありません 

ここからは、よく誤解が多い一般的な「ホワイトニング歯磨き粉の効果」について説明を加えます。

市販のホワイトニング歯磨き粉は汚れ落とし効果だけ

こちらの記事も参考に

日本の歯磨き粉は「ホワイトニング」と書かれていたり、芸能人が「白くなった!」と言っていても、実際には【厳しい日本の薬事法(薬機法)】の定めにより、【 本来の(歯科で使うような)歯を本当に白くする成分は入れてはいけない 】ことになっているので、表面の汚れを落とす効果しかありません。

本来のホワイトニングとは

歯の中に溜まってしまった色素を脱色し、表面だけでなく内部も含めて白い歯に生まれ変わる効果をいいます。

そのため、どんなに有名で高額な歯磨き粉を使っても、 残念ながら日本の製品では白い歯になることはありません… 

白い歯になるのは【アメリカ製】ホワイトニング歯磨き粉

こちらも以前の記事の後半部分でご紹介しました。↓

ここでは簡単にポイントを解説します。

歯科の薬剤と同じホワイトニング成分が入っている

歯科でしか扱えない「ホワイトニング薬剤」には【過酸化水素】【過酸化尿素】という歯の中の色を脱色できる成分が入っています。
これは先にも述べたように、日本の薬事法では歯磨き粉に入れてはいけないことになっているのですが、 アメリカではFDAという厚生労働省に値する機関にしっかりと【安全】と認められているので、正規品のアメリカ製ホワイトニング歯磨き粉には入っている こともあります。

歯を削る研磨剤が入っていない

上でご紹介した「歯科の薬剤成分が入った、本物のホワイトニング歯磨き粉」はそのホワイトニング成分で十分に歯の表面の汚れも落とせてしまうので、 歯を削る危険性がある研磨剤は入っていません。 
日本の一般的なホワイトニング歯磨き粉は、すべて表面の汚れを落とす効果だけなので、研磨剤や清掃剤が入っている可能性が高いのですが、こちらなら安心ですね!

【歯磨き粉だけじゃない】本物のホワイトニング成分が入ったケア用品

自宅で歯を白くしたい時には、毎日歯磨きをしている関係で、皆さん「ホワイトニング歯磨き粉」を一番に思いつくのですが、実際には先程の「歯科でしか扱えないホワイトニング薬剤成分」が入った商品は色々あります。
ただし、これも【アメリカ製のみ】です。
日本では、歯磨き粉以外の製品であっても、本来のホワイトニング成分は入れてはいけないことになっているからです。

ホワイトニング先進国のアメリカでは、安全と認められているのに、薬剤の認可が遅れた日本では入れられないのは残念ですね。
でも、ご安心下さい。
ホワイトニング専門歯科ホワイトマイスターなら正規品を海外直輸入でご用意しております。
色々なホワイトニング用品
  • 強力 ホームホワイトニング
  • ホワイトニング ペン
  • ホワイトニング フロス

 ※このサイトからインターネットでの購入も可能です♪ 

【まとめ】重曹歯磨きは危険性が高しホワイトニング効果も低い

安全なホワイトニング専門歯科に相談を

重曹で歯磨きをすると歯が削れて危険で逆効果

重曹の粒子は粗すぎて、歯の表面を削ってしまい、逆に着色がつきやすくなってしまうだけでなく、虫歯や歯周病のリスクも高まります。
安易に試して後悔してしまう前に、正しい知識を持って健康な白い歯を手に入れましょう。

ホワイトニング歯磨きならアメリカ製の正規品を

本当に歯の内側から白くなるホワイトニング成分(過酸化尿素・過酸化水素)は本場アメリカ製のホワイトニング歯磨き粉の一部にしか含まれていません。
確実にホワイトニング効果を望む場合は、この成分が含まれているかどうかを確認しましょう。

安全に一回で白い歯にするならマイスタープラスホワイトニング

もう、歯磨き粉で毎日少しずつ白い歯に…なんて、長期間で大変すぎる。
早く簡単に、でも確実に白い歯にしたい。

こんな方は、ホワイトマイスターの「マイスタープラスホワイトニング」をご検討下さい。

 たった一回で、平均8段階以上も白い歯になる 専門歯科のホワイトニングです。

ただいま、期間限定で大幅割引キャンペーン中なので、気になる方はぜひこの機会に体験してみてくださいね。

ホワイトニング専門歯科医 Dr.Aya

東京のホワイトニング専門歯科「ホワイトマイスター」代表歯科医師のDr.Ayaです。日本アンチエイジング歯科学会認定医であり、同学会認定ホワイトニングエキスパート。その他、アメリカのホワイトニング専門資格等。一回で白い歯になるホワイトニングで皆様を素敵な笑顔にするため日々努力しております。

関連記事

人気の記事

  1. ホワイトニング歯磨き粉ベスト11【専門の歯医者がオススメ】

  2. 一回で白くなるホワイトニングとは

  3. ホワイトニングで得られるメリット

新着記事