【保存版】効果的な差し歯のホワイトニング方法と変色の予防法4選

様々なホワイトニング

【保存版】効果的な差し歯のホワイトニング方法と変色の予防法4選

ホワイトニングを検討している人の中には、差し歯と天然の歯を同じように白くできるのか疑問に思っている人もいるでしょう。残念ながら、差し歯には通常のホワイトニングは効きません。

本記事では、差し歯を持つ人向けのホワイトニング方法と他の選択肢をご紹介します。本記事を読めば、差し歯のホワイトニングについての疑問が解消できるでしょう。差し歯の美しさを保つための秘訣が分かります。

差し歯はホワイトニングできない理由|天然歯にしか効果はない

差し歯はホワイトニングできない理由|天然歯にしか効果はない

どんなクリニックに行ってもホワイトニング薬剤で、差し歯はホワイトニングできません。ホワイトニング薬剤は、天然歯のエナメル質という表面に浸透し反応する性質を持っています。差し歯の素材は非多孔質なので、ホワイトニング薬剤が浸透せず反応しないのです。

差し歯は一度作られると色を変えられず、明るくもできません。そのため天然歯と差し歯の色の違いが目立つ可能性があります。ホワイトニングを考える際に、理解しておく大切なポイントです。

差し歯用のホワイトニング方法と代替策

差し歯用のホワイトニング方法と代替策

差し歯は天然歯とは異なり、通常のホワイトニングで白くできません。しかし、差し歯用のホワイトニング方法として役立つ代替策はあります。

差し歯用のホワイトニングの代替策は以下のとおりです。

  • クリニックでプロフェッショナルクリーニングによる着色汚れの除去
  • 天然歯と色を合わせるための差し歯の交換
  • 差し歯の色を基準にした天然歯のホワイトニング

差し歯用のホワイトニング方法と代替策を実践すると、天然歯と差し歯の色の違いが目立たなくなるでしょう。

プロフェッショナルクリーニングによる着色汚れの除去

差し歯における着色汚れは、歯科医師または歯科衛生士などの専門家によるプロフェッショナルクリーニングで取り除くことが可能です。

プロフェッショナルクリーニングとは、歯のプラークや表面の汚れを除去する高度なクリーニングのことを言います。高度な技術と特殊な機器や薬剤が必要なため、歯科医院でしか施術を受けられません。

プロフェッショナルクリーニングは、差し歯の美しさを保ちつつ、全体的な口内の清潔感を高める効果があります。定期的にプロフェッショナルクリーニングを受けると、着色の予防と管理ができます。天然歯と差し歯との色の調和も目指せるでしょう。

天然歯と色を合わせるための差し歯の交換

天然歯と差し歯の色が合わない場合、差し歯の交換が有効な方法です。ホワイトニングをした後は、差し歯が自然な色に見えないことがあります。

新しい差し歯は、天然歯に合わせて作られます。歯の色に合わせて細かく色調を調整するため、自然な見た目が再現できるのです。

一方で以下のデメリットがあります。

  • 歯科医院への訪問が複数回必要になる
  • 交換コストは保険の適用範囲や材質によって異なる

美容的な理由での差し歯の交換は、保険適用になりません。自己負担になることが多いため、費用については事前に確認が必要になります。デメリットもありますが、天然歯と色を合わせる差し歯の交換は満足度も高く効果的な対策でしょう。

差し歯の色を基準にした天然歯のホワイトニング

差し歯の色を基準にして、天然歯のホワイトニングを行う方法もあります。天然歯を差し歯の色に合わせることで、見た目の統一感を出すことが可能です。

近年クリニックで行う差し歯の治療では、一般的には天然歯よりも何トーンか白い色の差し歯を入れることが多いです。そのため、天然歯の色を差し歯の白さに近づけることで統一感が出ることも頻繁にあります。

ホワイトニングの程度は、差し歯の色を超えない範囲で計画する必要があります。歯科医師と相談し、差し歯の色を参考にホワイトニングのプランを立てましょう。

ホワイトニングの程度を差し歯に合わせることで、自然な見た目を実現できるでしょう。

差し歯が変色する原因

差し歯が変色する原因

差し歯が変色する原因は以下のとおりです。

  • 差し歯の素材の性質
  • 色の濃い食べ物や飲み物
  • 過度な喫煙

変色する原因を理解することは、差し歯の美しさを長持ちさせるために重要です。

差し歯の素材の性質

差し歯の素材は、性質によって変色しやすさが異なります。素材によっては、日光や化学物質による光劣化で変色することもあるのです。耐久性や変色しにくさを考慮して素材を選びましょう。

差し歯の素材別の性質や特徴は以下のとおりです。

素材の名前色の変化特徴
ポーセレン(セラミック)色の変化は少ない完全に無色ではない

 レジンベースの素材
変色しやすい食事や飲み物の影響を受けやすい
 メタルフューズドトゥポーセレン金属の部分は変色する可能性がある金属とセラミックの複合素材
ジルコニア変色しにくい耐久性が高い一方でコストが高い

適切なケアと定期的なメンテナンスによって、差し歯の美しさを長期にわたって保つことが可能です。

色の濃い食べ物や飲み物

差し歯が変色する一因として、色の濃い食べ物や飲み物が挙げられます。天然歯と異なり、差し歯の素材は色素が付着しやすいです。

着色しやすい色の濃い食べ物や飲み物は以下のとおりです。

  • コーヒー 
  • 紅茶 
  • 赤ワイン 
  • ソーダ類の一部(特に色素が強いもの)
  • カレー 
  • トマトソース 
  • ベリー類(ブルーベリー、ラズベリーなど)
  • ほうれん草やケールなどの緑色野菜 
  • 大豆ソース(しょうゆ)
  • 柿渋 
  • ビーツ

差し歯の変色を防ぐため、色の濃い食べ物や飲み物を控えるようにしましょう。
» 歯の着色汚れ対策

過度な喫煙

過度な喫煙は、差し歯の変色を引き起こす原因になります。タバコに含まれるタールやニコチンといった化学物質が、差し歯の表面に付着しやすいからです。喫煙によって、黄ばみや茶色い斑点が差し歯にできる場合があります。

差し歯は天然歯と異なり、ホワイトニングで白くすることはできません。一度変色してしまうと差し歯は元の色に戻すことが困難です。

差し歯と天然歯との色の違いが顕著になり、見た目にも影響を与えます。美しい差し歯を維持するためには、喫煙を控えることが重要です。

差し歯の変色を防ぐ方法

差し歯の変色を防ぐ方法

差し歯の変色を防ぐためには、日常生活での注意点を守ることが不可欠です。

差し歯の変色を防ぐ方法は以下のとおりです。

  • 色の濃い食べ物や飲み物を控える
  • 喫煙を控える
  • 食後すぐに歯磨きをする
  • 定期的に歯のクリーニングを行う

対策を講じることで、差し歯の変色を予防できるでしょう。

色の濃い食べ物や飲み物を控える

差し歯の色を長持ちさせるには、色の濃い食べ物や飲み物の摂取を控えることが肝心です。

色の濃い食べ物や飲み物を控える具体策は以下のとおりです。

  • 赤ワインやコーヒーなどの色素が強い飲料の摂取を控える 
  • カレーやソイソースなど色が濃い調味料を多用する料理を避ける 
  • ベリー類やほうれん草など色素が濃厚な食材の消費を控える 
  • 人工着色料が含まれる食品や飲料の摂取を最小限に抑える 
  • ジュースやスポーツドリンクなど、色がつく可能性のある飲料はストローを使う

食生活の工夫をすることにより、差し歯の美しい白さが保てます。
»歯のステインについて解説

喫煙を控える

差し歯だけでなく天然歯の変色を防ぐために、喫煙を控えることの重要度は高いです。タバコに含まれるニコチンやタールが歯の表面に付着し、歯が黄ばんでしまう原因になるからです。

喫煙による歯の変色を予防する具体策は以下のとおりです。

  • 定期的に歯科医院でのクリーニングを受ける
  • 喫煙習慣を見直し、必要に応じて禁煙サポートを受ける

電子タバコも歯に影響を与える可能性があります。電子タバコも控えた方が良いでしょう。

食後すぐに歯磨きをする

食後すぐに歯を磨くと、歯を健康に保つことができます。食事の際に付着した食べかすや汚れを迅速に取り除け、プラークの形成を抑制できるからです。

しかし、食後直後のブラッシングはおすすめできません。食事で軟化したエナメル質を傷つけるリスクがあるのです。食後30分程度待ってから歯を磨くようにしましょう。

差し歯を持つ人は歯を磨くタイミングだけでなく、歯磨き粉の種類にも注意が必要です。差し歯の損傷を防ぐために、非研磨性の歯磨き粉を選びましょう。差し歯の周囲の歯肉を傷つけないように、正しいブラッシング方法を身につけることも重要です。

定期的に歯のクリーニングを行う

差し歯の美しさを保ち健康な口内環境を維持する上で、定期的に歯のクリーニングを受けることは非常に重要です。

歯のクリーニングを定期的に受けることで得られる効果は以下のとおりです。

  • プラークや歯石を除去し変色を予防できる
  • 専門の歯科医によるクリーニングは差し歯の寿命を延ばす 
  • 歯周病や虫歯の予防ができる

一般的には、半年に1回クリーニングを受けることが目安とされています。歯に汚れが蓄積しないよう、定期的なクリーニングを受けることがおすすめです。
»歯石と歯垢の違いを解説
»歯垢の取り方を解説

差し歯のホワイトニングに関するよくある疑問

差し歯のホワイトニングに関するよくある疑問

天然歯のみのホワイトニングと比べて、差し歯を持つ場合の方がたくさんの疑問が浮かびます。その中でも差し歯と天然歯の色の違いに関する疑問が多いのではないでしょうか。差し歯のホワイトニングに関する疑問が解消できると、安心してホワイトニングが受けられるでしょう。

差し歯のある人がホワイトニングをするときの注意点は?

差し歯にはホワイトニング剤が反応しないため、差し歯はホワイトニングで白くなりません。ホワイトニングにより、差し歯と天然歯とで色の違いが生じる恐れがあります

差し歯のある人がホワイトニングをするときの注意点は以下のとおりです。

  • ホワイトニング前に歯科医と相談し、差し歯の素材や色合いを考慮したプランを立てる
  • ホワイトニング後、差し歯と天然歯の色差が気になる場合は差し歯の交換を検討する
  • ホワイトニング剤の濃度や使用方法に注意し、差し歯や歯茎を傷めないようにする
  • 定期的なメンテナンスとクリーニングで、差し歯を含む全体的な口内の美白を保つ工夫をする

以上のことを注意すると、差し歯を持つ方も天然歯との色の違いを最小限に抑えられます。差し歯のある人もホワイトニングを楽しむことが可能です。

メラミンスポンジを使ってホワイトニングできる?

メラミンスポンジを使ってのホワイトニングは、天然の歯の表面クリーニングでは有効ですが、差し歯では有効とは言えません。

メラミンスポンジは微細な研磨作用で、表面の汚れや着色を除去できます。差し歯は構造や材質により、メラミンスポンジによる研磨で表面が傷つく可能性が高いです。差し歯の輝きを損ないかねません。

メラミンスポンジでのホワイトニングを考えるなら、歯科専門家への相談が必須となります。
しかし、長期的な使用は差し歯の外観に悪影響を及ぼすため推奨されません。差し歯の健康と美しさを維持するため、適切なケア方法を専門家に相談すると良いでしょう。

差し歯に市販のホワイトニング製品は使える?

差し歯に市販のホワイトニング製品を使用できません。ホワイトニング剤は差し歯に反応しないからです。

市販のホワイトニング製品を使用しても、差し歯周囲の天然の歯だけが白くなり歯の色に不一致が生じる可能性が高くなります。

差し歯のクリーニングには専用の方法があり、歯科医院でプロのアドバイスを受けることがおすすめです。プロのケアによって、差し歯の美しさが長期間保てます。

まとめ

まとめ

チェックポイント

  • 差し歯は天然歯と異なり、ホワイトニング剤の反応がないため通常のホワイトニングでは効果が得られない
  • 差し歯のホワイトニングは、プロフェッショナルクリーニング、差し歯の交換、天然歯のホワイトニング調整で対応可能である
  • 差し歯の変色原因には、素材の性質、色素の強い食品、喫煙がある
  • 差し歯の変色予防には、色素の強い食品と喫煙を控えること、食後の歯磨き、定期的なクリーニングが有効である

差し歯がある場合のホワイトニングについては、専門家のアドバイスを受けることが大切です。差し歯の変色を防ぐためには、日頃のケアが重要になります。定期的なクリーニングや適切なケアを徹底し、差し歯を含めた歯全体の美しさを保ちましょう。

ホワイトニングは天然歯の歯の内側の色素を脱色することで白くする安全な方法です。
差し歯の治療のように、歯を削ってしまっては二度と健康な歯に戻すことは出来ません!
まずは安全な方法で白くすることをおすすめします♪

関連記事

この記事を書いた人

人気の記事

  1. ホワイトニング歯磨き粉ベスト11【専門の歯医者がオススメ】

  2. 一回で白くなるホワイトニングとは

  3. ホワイトニングで得られるメリット

この記事のもくじを開く