セルフホワイトニングとは

https://white-meister.com/blog

安いホワイトニング

エステのセルフホワイトニングとは

投稿日:

法律のグレーゾーンを利用したホワイトニング

一般的な歯のホワイトニングは、歯科医師が開設する歯科医院でしか施術を行うことが出来ません。

しかし、最近ではエステティックサロンなど、歯科医院以外で歯のホワイトニングを取り扱うところが増えています。

本来は歯のホワイトニングは、歯のクリーニングを行った後、医薬品である過酸化水素、もしくは過酸化尿素を使用する医療行為のため、歯科医院で有資格者(歯科医師もしくは歯科衛生士)でないと施術できないのです。

エステサロンでホワイトニングと謳っているものでは、有資格者が居ないために、ホワイトニング薬剤ではなく「歯磨き粉」を使って、ある意味、法律のグレーゾーンを使って「本来のホワイトニング」ではないものを提供しているということです。

エステでのホワイトニングの実際

現在、エステなどで行われているホワイトニングは、酸化チタンやポリリン酸ナトリウムなど、市販の医薬部外品や口腔化粧品(歯磨き粉)を使用して、お店のスタッフは施術にあたって何かをする訳ではなく、お客さんの方が自分で歯磨き粉を歯に塗り、LEDの光を当てて行います。

そのためセルフエステ、セルフホワイトニングと呼ばれています。

本来のホワイトニングの薬剤ではなく、歯磨き粉の市販品を使用したセルフエステという形で行うことで、医療法や薬事法に触れずにホワイトニングが可能になっており、

資格者も、ホワイトニング薬剤も用意する必要がないために、現在はセルフホワイトニングの専門店も多くなってきました。(あくまでも、法律上エステティシャンが施術したり、医療用具や医薬品を使用することはできません)

過酸化水素がまったく入っていないために、効果としては、日頃、自身で行う歯磨きと同じ、歯の表面の汚れを落とす程度なので1回の施術でシェードガイド1段階程度です。

Dr.くま
あくまでも表面の着色除去と一時的な歯の乾燥などで白くなっている位だけなので、安いからと言って何度も通っても、白い歯にはなりません。(毎日の歯磨きと同じなので)

しかし、セルフホワイトニング専門店の中にはこの施術を他のエステメニューと同様に数回のパック販売をしているところもあり、消費者との間でトラブルになっているケースもあるようです。

また医薬部外品の中に薬事法で禁止されている過酸化水素を混ぜたり、無資格者が施術をしたりするところもあるようです。

無資格者が行うホワイトニングは危険

そのようなエステサロンは法律に違反しているだけでなく、自身の体の安全性のためにもよくないので、気をつけましょう。

本当に白くなる効果があって安全なのは専門歯科のホワイトニング

ホワイトニング専門歯科のホワイトニングが良いとは言いますが、

その中でもさらに様々な医院があり

  1. 施術者は有資格者だが、歯科衛生士が歯磨き粉成分で行う2,500~8,000円のホワイトニング…シェードガイドで1~2段階の変化
  2. 施術者は有資格者で歯科衛生士が行い、一般的なホワイトニング薬剤を使用した10,000~20,000円程度のホワイトニング…シェードガイドで2~3段階の変化
  3. 施術者が歯科医師で、最新の効果が高い薬剤を使用した30,000円~80,000円のホワイトニング…シェードガイドで6段階以上の変化

大きく分けると、ホワイトニング専門歯科の中でもこのように違います。

どれが最も効果が高く安全か?というと、やはりなのですが、

価格や回数、現在の自身の歯の状況に応じて、各医院で相談してから決めることをおすすめします。

当院のホワイトニングの場合は、始めから最後まで、専門の歯科医師が責任を持って施術を行い、
その薬剤もアメリカの最新のホワイトニング薬を使用しているために、一回で平均段階白くなります。そのために何度も続けて通う必要はありません。

The following two tabs change content below.

Dr.Aya

ホワイトニング専門歯科医師ホワイトマイスター デンタルクリニック
ホワイトマイスター デンタルクリニックの歯科医師で院長のDr.Ayaです。 日本アンチエイジング歯科学会ホワイトニングエキスパート資格保有。皆様の歯を健康的に一回で白く美しくする事を日々考え、努力しております。
一回で白い歯ホワイトニングに申し込む
一回で白い歯ホワイトニングホワイトマイスターのホームページへ

-安いホワイトニング
-

Copyright© 東京のホワイトニング歯科 , 2019 All Rights Reserved.