後悔しないホワイトニングの選び方

https://white-meister.com/blog

【保存版】ホワイトニングの選び方

投稿日:

今や、老若男女問わず広まっている歯のホワイトニング。

その流行に伴って、ホワイトニングを扱う歯科医院や店舗が本当に増えています。

でも、中には「実際はあまり歯が白くなる効果は無いのに」ホワイトニング店と謳っている所が多いのも事実です。

当院に来られた患者様の中でも

疑問ネコ
今まで何度も他のホワイトニング医院に通ったのに、白くならなかった
と仰る方が多いのが現状です。

そこで、ここでは『後悔しないホワイトニング医院、種類の選び方』についてご説明しようと思います!

後悔しないホワイトニングの選び方

医院、店舗の種類で選ぶ

同じように見える「ホワイトニング医院」「ホワイトニング店」でも、実はその種類や役割は様々なのです。

ホワイトニング専門歯科

「ホワイトニング専門」というだけあって、最も専門性が高く、確かな効果が得られやすいのではないか?と思いますよね。

専門だから大丈夫?

確かに、「虫歯などの一般歯科治療」や「フェイスエステなどの他の美容メニュー」を扱っているわけではなく、

「ホワイトニング施術のみ」というと一定の安心感はあります。

しかし、実際はそこで扱っている薬剤やシステムの種類の方が重要です。

「歯磨き粉レベルの薬剤を用いて大量に流れ作業的に一回を短時間で行っている」専門歯科の場合は「専門」と言っても歯を白くする効果や安全性はあまり期待できません。

「専門」という言葉に騙されずに「効果」「安全性」にもこだわり、しっかりとその部分も明示しているかどうか?が大切です。

一般歯科医院

「虫歯や歯周病などの一般歯科治療を行う」歯科医院

このような医院でも、集客の糸口としてホワイトニングを扱う所が増えてきました。

しかし、実際は圧倒的に一般治療をしている割合の方が多いので、ホワイトニングは「ついで」という医院が多いのです。

「ついで」に行う治療にそこまで時間をかけて、こだわりを持って行う所は少なく、やはり効果が期待は出来ません。

ただし、「ホワイトニングの前に虫歯治療もしてほしい」という場合は(一回で全部の治療をやってくれる所はまずありませんが)同じ医院で行えるので良いでしょう。

一般歯科

大きな虫歯治療も必要なら一般歯科もあり

セルフホワイトニング店

セルフホワイトニングはその名の通り「お客様自身が、自分で歯にジェルを塗る=セルフ」店舗です。

これは歯科医院(医療機関)ではありません。

ですから、歯科医師はもちろん居ませんし、歯の専門知識を持ったスタッフは居ません

これは資格者が居ないために危険というだけでなく、本来のホワイトニング効果もありません。

疑問ネコ
じゃあ、何で白くならないのに「ホワイトニング」って付いてるの?

と思われるでしょうが、これはグレーゾーンをついた方法とでも言いましょうか、

本来の「歯のホワイトニング」とは「歯の中に溜まってしまった色素を専門の薬剤で脱色することで白くする」ことを言うのですが、

それができる薬剤は歯科医師の管理のもとでないと扱えないので、エステサロンの様なところが無理やり行おうとすると

「歯のホワイトニング」とは言っていても「歯磨き粉を塗る行為と同様」となってしまうのです。

ホワイトニングってつくのに白くならない

歯磨き粉であれば、ドラッグストアや通販などでも一般の人が誰でも手に入れられます。

その様な歯磨き粉にも「ホワイトニング」と書いてある物が多いですよね。

でも実際は、それらには前述のような「本当に歯を白くする効果」は皆無です。

日本の薬事法(薬機法)で、このように決まっているからです。

  • 本来の歯を白くする(漂白できる)成分は歯磨き粉には入れてはいけない
  • 歯科医師が管理している歯科医院でないと、歯を白くする(漂白できる)成分は施術に扱ってはいけない

だから、セルフホワイトニングでは「本当に歯を白くすることは難しい」のですね。

薬剤の種類で選ぶ

全部の歯でも、1万円以下の安いホワイトニング

このリーズナブルなホワイトニングは最近になって特に増えてきました。

一般の歯科医院でも扱っている事もあります。

いわゆる「ポリリン酸」「メタリン酸」などの歯磨き粉の成分と「過酸化水素液」という器具などの消毒液を混ぜて「ホワイトニング薬剤」を自家製で作ってしまう方法です。

そうやってその場で混ぜてホワイトニング薬剤として使うと、材料費が100分の1位で済んでしまう!という画期的な方法です。

しかし、これも結局は歯磨き粉と消毒剤を混ぜて作っただけのもので、「本来のホワイトニング薬剤としての既製品ではない」ために、「歯磨きやセルフホワイトニングよりは少し効果がある」という認識で良いと思われます。

このようなホワイトニングでは「一回で白くなる」ということや「劇的に白くなる」ということは言えないので「何度も通って下さいね」というスタンスになってきます。

安くても何回も通わないと

一回で白くなるホワイトニング

数は多くはないのですが、「一回でもかなり白くなる」ホワイトニングを扱っている医院もあります。

これは薬剤とシステムの種類が最も専門的で高級なものを使用しているからと言えます。

本当に一回で白くなるホワイトニングか見分けるポイント

  1. その場で消毒薬(過酸化水素液)を混ぜて作る薬剤ではなく、既製品のホワイトニング薬剤で行う
  2. 本場のアメリカ製の最新薬剤で行う
  3. 「平均8段階白くなる」などの変化の目安を事前に教えてくれるか明記されている
  4. 術前術後の実際の歯の色の変化を鏡で見るだけではなく、測ってくれる

ただし、効果が確かな分、システムによっては歯の痛みが出ることがあります。

効果だけでなく、痛みにも配慮して処置・対応をしてくれるかどうか?も重要なポイントです。

一回で白くなると総額はお得

歯磨き粉レベルのホワイトニング

これが前述の「セルフホワイトニング」です。

歯磨き粉と同じ成分を歯に「自分(セルフ)」で塗って光を当てるので、歯磨きと同じ効果となります。

疑問ネコ
え?光を当てているから、塗っている物が歯磨き粉の成分だとしても少しは効果があるんじゃないの?

と思われやすいのですが、

実際は「青色LEDの照射機の光に反応するのは、歯磨き粉には入れることが出来ない漂白成分」なのです。

その成分が入っていないのに光を当てても効果はまず期待できません。

歯科医師の管理のもとで扱える漂白成分が専用の光に当たることで活性化し、漂白作用を増進させるのですね。

歯磨きと同じくらいなら家で歯磨きする?

オプションの費用も気を付けよう

広告などには「一回~円」と明示されていても、実際は色んな「オプション費用」が追加されてしまった!というお話もよく聞きます。

具体的には、以下の様なオプションには注意しましょう。

術前クリーニングの価格

ホワイトニング前には、薬剤を浸透させるために、歯の表面のクリーニングを行うことが必須となります。

(逆に、クリーニングを行わずに薬剤を塗る所では十分な効果は期待できません)

その費用が「一回~円」の金額の中には含まれておらず、意外と高額な場合が多いのです。

というのも、「ホワイトニングは保険適応外」の治療ですので、クリーニングを同時に行おうとすると一般の歯科医院では保険適応で3,000円程度のクリーニングでも、自費になるので1万円近く追加でかかってしまうことがあります。

Dr.くま
クリーニングの費用もコミコミで一回の費用の中に含まれているのか?も確認しましょう

術後の処置の追加費用

ホワイトニング後には、種類によって、痛みが起きたり歯の表面がザラザラする場合もあります。

そのため、術後には「痛み予防の処置」や「歯の表面をコーティングする処置」などの費用が追加でかかることがあります。

Dr.ウサギ
痛みが出た時の対応なども別料金なのか?も確認しましょう

1歯増えるたびに増える費用

よく「1回1本500円!(1回8分)」などというホワイトニングも目にしますね。

これは安い!と思いたくなりますが、実際は20本の歯全てに、(一般的に漂白効果が確実に表れるといわれる)合計45分間の照射を行うと5万円以上にもなってしまいます。

最小単位で考えるのではなく、「笑った時に見える歯の数=最大20本」で考え、漂白効果が実感できる照射時間も考慮する必要があります。

当院のオフィスホワイトニング(マイスタープラスホワイトニング)の場合は、歯の色が変わりにくいタイプの患者様で時間的に余裕がある場合はご相談の上で無料で多少の照射時間延長なども臨機応変に行っております。

コース設定、通い放題パックなど

いわゆるよくある「コース設定」「通い放題コース」などは「一回では殆ど効果が無いから何度もやらないと」と言っている事と同じようにも思えてしまうのですが、多くの店舗で行っています。

一回はお試しで格安で体験できるけど、そこから効果を出すには何度も通う必要があり、「~回コース」や「一定期間通い放題」にしましょうというパターンです。

この場合は、やはり総額では10万円前後など、かなりの高額な契約となってしまう事が多くあります。

ホワイトマイスターの場合

  • 最大20歯まで一律価格なので何本の歯でも追加料金なし。
  • 術前クリーニングは毎回、コミコミ。追加料金なし。
  • 術後の痛み予防処置もコミコミ。その後の痛み止め処置なども場合によって無料で対応。
  • 効果があるから、一回完結。コース設定一切なし。
  • 一回で平均8段階以上白く。トータル3万円だけ。

【結局は】何のためにホワイトニングをしたいのか?

このように様々な種類のホワイトニングがあるわけですが、後悔しないためには

「何のためにホワイトニングを受けるのか?」を明確にしてから選ぶと良いでしょう。

何となく「お試し」なら

効果は二の次でお試し程度で良いという場合は「セルフホワイトニング」でも「1万円以下の安い歯科のホワイトニング」でもOKでしょう。

お試し程度でいい?

「実際の効果は気にしないけど、歯にジェルを塗って光を当てる雰囲気を手軽に安く体験したい」という場合には、現在は沢山のホワイトニング店舗が出来たので、立地なども多くの選択肢があります。

本当に歯を白くしたいなら

やはりせっかくホワイトニングを受けるなら、白い歯にしたい!効果を実感したい!という場合は、「一回で白い歯になるホワイトニング」の種類を選ぶべきでしょう。

ただ、この一回で6~10段階以上白くなると言われるホワイトニング(「ブライトホワイト」や「ZOOM」「当院のマイスタープラスホワイトニング」など)を扱っている医院は多くはありません。

一回で白くなるホワイトニングは貴重?

また、一回で効果が高い分、一回当たりの時間には余裕をもって受けるようにしましょう。

【ステマに騙されない】口コミも参考に選ぶ

最近、ホワイトニングだけではなく、様々な業界で問題視されていますが、店舗の内部の人によりステマの口コミもよく見かけます。

読んでいると良い事ばかり書いてあるのですぐに分かってしまいますよね。

では、どのような口コミを参考に選んだらよいのでしょうか。

実際に体験した人が自主的に投稿でき、すぐに反映されるもの

前述の様な口コミは「一度、すべてをその店舗の内部の人がチェックしてから掲載をするか選んでいる」ために「良い事ばかり」となっていることが多いように思います。

ですから、「正直に、体験者が自主的に投稿してそのまま反映されるもの」でなければ信用はできません。

中にはそのような口コミが掲載されていることがありますので、参考にしましょう。

ホワイトマイスターの口コミ

当院の口コミは「体験者が自ら投稿可能でそのまま読める」ものになります。

こちらからはお願いしていないのに、皆さまとても嬉しいお言葉を送って頂け、我々「患者様の白く美しい歯のために日々努力している身」としては本当にやりがいになっています。
そして、反省すべき点にも真摯に対応を続けさせて頂けるので大変勉強にもなります。

SNSこそ信頼できる生の声

今はとても便利な時代で、「Twitter」「Instagram」「Facebook」など手軽に本当の意見を検索できるようになりました。

これらを口コミとして参考にすることもおすすめです。

Twitterの口コミ

Instagramの口コミ投稿など

こちらの口コミはビジュアルでもわかりやすいですね!

#ホワイトマイスター

SNSシェアキャンペーン実施中

ただいま、ホワイトマイスターではSNSシェアキャンペーンを行っています。

当院のホワイトニングをお受け頂き、素敵な白い歯になったキラキラの笑顔を激写して、#ホワイトマイスターをつけて各SNSにて投稿頂けると、もれなく非売品のアメリカ製ホワイトニングペーストを差し上げています♪

写真投稿で必ずプレゼント

ちなみに、こんなパネルや変装グッズ 😆 もご用意しております( ̄▽ ̄)

ホワイトマイスターSNSシェア
楽しく投稿して下さいね!

<まとめ>ホワイトニングは目的で選ぶ

  • 安さ?
  • 効果?
  • 雰囲気?

何を最も重視するのかを考えてから、それに合った種類のホワイトニングを扱っている医院を選びましょう!

The following two tabs change content below.
ホワイトマイスター デンタルクリニックの歯科医師で院長のDr.Ayaです。 日本アンチエイジング歯科学会ホワイトニングエキスパート資格保有。皆様の歯を健康的に一回で白く美しくする事を日々考え、努力しております。
一回で白い歯ホワイトニングに申し込む
一回で白い歯ホワイトニングホワイトマイスターのホームページへ

-様々なホワイトニング, 安いホワイトニング
-,

Copyright© 東京の専門歯科医の白い歯情報 , 2018 All Rights Reserved.