エステのホワイトニングの説明

https://white-meister.com/blog

安いホワイトニングの注意

更新日:

梅雨でジメジメ・・と思ってたら、カンカン照りの日が来たり、
なかなか辛い時期ですね~(*_*)
こんな時期の休日は、ついつい、家の中でクーラーをつけてノンビリ過ごしてしまう私なのですが(;^ω^)

エステのホワイトニングや安いホワイトニングって?

ついこの間、そんなわけで、テレビを見ていたらこんな番組がありました。
「最近増えてきている、エステのお手軽ホワイトニングについて」特集したものでした。

  • エステのホワイトニングの説明

    酸化チタンと光で汚れを落とすと説明してますね

  • テレビでのエステのホワイトニングの説明

    10分光を当てただけで白くなると。。

     

いかにも、「おぉ、凄い方法があるんだ」と思ってしまいそうですが、、
そもそも、『酸化チタン』って、皆さんお使いの歯磨きペーストに含まれてることも多い成分ですよ(;´∀`)

  • 歯磨き粉の成分1
  • 歯磨き粉成分2
  • 歯磨き粉成分3

ほらね。(ドラッグストアで売ってる色んな歯磨き粉の裏を写しました)

歯磨き粉成分に、光を当てても…(>_<)はい、酸化チタンの力というより、歯磨きの力で表面の汚れは落ちるでしょうね☆
それでキレイになった!と思えるかもです。確かに。
でも、ちょっと待ってください!
『本物のホワイトニング』の力をなめないで下さい( ;∀;)
本物のホワイトニングは、歯の表面の汚れを落とすだけではなく、歯の中の着色を漂泊して落とすことが出来るので、効果は全然違います!

メモ歯の漂泊=本物のホワイトニングが出来る成分は『過酸化水素』という成分。
もちろん、これをむやみに使用しては、歯に悪い可能性があります。
そもそも過酸化水素という成分は「オキシドール」などと同じ様に、「消毒薬」として使われることがよくあります。

なので、薬局などにも液体の物がよく売っていますね。

かといって、この液体の消毒薬を歯に塗ればいいんだ、とは思わないで下さい!
あくまでも液体の消毒薬は劇薬指定の物もあり、歯に塗ると非常に危険です。

『本物のホワイトニング』とは、この成分をホワイトニング用に最適な配合で製造されたものを言います。

そして、しっかりと『厚労省に認可されたもの。ホワイトニング薬剤として認可され歯科医のみに販売されているもの』を言います。

Dr.くま
そういえば、歯科医院でも最近よく低価格で行っている『ポリリン酸ホワイトニング』なども消毒薬を使用したもので、厚労省に認可されたホワイトニング薬剤を使用していないホワイトニングですね・・(>_<)

1リットル数百円の消毒薬ボトルに、これまた歯磨き粉成分の『ポリリン酸』を混ぜただけなので大変低価格にホワイトニングが出来ると謳っていますが。
ポリリン酸も歯磨き粉成分なのです。

東京のホワイトニング専門歯科が教える歯磨き粉成分

また歯磨き粉の裏の成分表を撮ってみました

消毒薬を、認可されないホワイトニング薬剤として無理矢理使う為に、歯磨き粉成分を混ぜてるわけですね。
厚労省に認可されていないホワイトニング薬剤がこんなにも広く使われるようになってしまった事が心配ですね。

もちろん、お手軽ホワイトニングというものが広がって、ホワイトニングから歯の健康に興味を持ってくれる人が増えたことは非常に嬉しいです。
しかし、認可されていない消毒薬から作った危険なホワイトニング薬剤で、歯を悪くしてしまう人が増える事も心配なのです。
また、エステサロンなどでは、歯科医がいません。有資格者が居ないので、何かあってもどうしようもありませんね(/_;)

もちろん、歯磨き粉を塗って、光を当てるだけなら、あまり害もないからやっているとは思うのですが、効果も歯磨きレベルですので。。

実際に、当院に来られる方の中にも、何度もお手軽ホワイトニングに行っても、変わらなかった方や、知覚過敏が酷かったという方が多いのです。
皆様も、惑わされない様、よく吟味して、ホワイトニングでキレイにして下さいね♪

 

The following two tabs change content below.
ホワイトマイスター デンタルクリニックの歯科医師で院長のDr.Ayaです。 日本アンチエイジング歯科学会ホワイトニングエキスパート資格保有。皆様の歯を健康的に一回で白く美しくする事を日々考え、努力しております。
一回で白い歯ホワイトニングに申し込む
一回で白い歯ホワイトニングホワイトマイスターのホームページへ

-様々なホワイトニング, 安いホワイトニング
-,

Copyright© 東京のホワイトニング歯科 , 2019 All Rights Reserved.