歯の着色の原因とは

https://white-meister.com/blog

ホワイトニングの原理 ホワイトニングの注意

【脱!黄色い歯】歯の着色の原因とは

更新日:

皆様こんにちは(^^)/
当院は本当に老若男女様々な患者様がいらっしゃるのですが、最近は特にリピーターの方と口コミでご紹介の患者様が大変多く、とても嬉しく思います。

「リピートしたい」「御家族やお友達にもご紹介したい」

という思いを持って頂けるのは、『本当に満足して頂けた』ということなので、それが何より嬉しい限りなのです。
皆様、初めは「一度で白くなるホワイトニングが大手と比べると安いし本当に白くなるのか不安だった」と仰るのですが術後は「本当に白くなった!」と満足して頂けるので、その結果だと思います。
今後も、皆様に『ホワイトマイスターは本当におススメ!』と言って頂ける様な医院を目指していきたいと思います( ;∀;)

さて。それでは今回も、ホワイトニングをするために役立つ知識です!

歯の着色の原因とは?

歯の着色の2大原因

歯の着色、変色の原因には大きく分けて2つの原因が考えられます。

一つ目は、歯の表面に起こるものです。

①ステイン

これはお茶やコーヒー、そしてタバコ好きな方で、ステインと言われる茶渋のようなものや、タバコのヤニが歯の表面についたり、虫歯が歯の表面に出来たことによる変色です。

歯の着色の原因1

②虫歯をプラスチックの詰め物で治した後、その部分が変色した場合

歯の着色の原因②

③歯の神経の治療に使う薬が原因で変色した場合

二つ目は歯の内面や歯の質が原因で起こるものです。

考えられるのは、以下の4つです。

④歳をとって自然に歯の色が変わる場合で、歯が黄色味を帯びる場合

加齢による着色

⑤歯の表面ではなく、歯の内部から虫歯になり、それが進行してきた場合
⑥歯の形が作られる幼少期にテトラサイクリンなどの抗生物質を多量に服用した場合

風邪薬による歯の着色

化膿止めの薬は、少し前までは普通の風邪薬の中にも入っていました。小さいころ、風邪薬をよく飲んでいたという方は、テトラサイクリン歯になってしまった例も多いです。
➡これは歯の表面の色が灰色で横の縞模様のように見えることが多いです。

⑦歯の作られる段階で何らかの障害を受けて歯の形がきちんと作られなかった場合

エナメル質形成不全などで、歯が不完全な状態で萌出してしまう場合、やはり着色の原因となります。これは生まれつきのようなものなので、どうしても防ぎようがないのですが、歯科治療で改善することが出来ます。

ホワイトニングで黄色い歯を治せる原因が多い

これらの中で、最も多い、①は必ずと言っていいほど、ホワイトニングで綺麗になります!

また、④や⑥なども少し変わりにくいですが、それでも初めよりは明るくなります。
ただ、その他の虫歯や詰め物、形などによるものは一般治療も必要になってきます。

どのような場合も、まずは無料カウンセリングにいらして頂ければ、専門の歯科医がアドバイス差し上げますので、どうぞお気軽にご相談ください(^_-)-☆

The following two tabs change content below.

Dr.Aya

ホワイトニング専門歯科医師ホワイトマイスター デンタルクリニック
ホワイトマイスター デンタルクリニックの歯科医師で院長のDr.Ayaです。 日本アンチエイジング歯科学会ホワイトニングエキスパート資格保有。皆様の歯を健康的に一回で白く美しくする事を日々考え、努力しております。
一回で白い歯ホワイトニングに申し込む
一回で白い歯ホワイトニングホワイトマイスターのホームページへ

-ホワイトニングの原理, ホワイトニングの注意
-, , ,

Copyright© 東京のホワイトニング歯科 , 2019 All Rights Reserved.